あの本が文庫化された

2014年に発売された
僕の質問の師匠
マツダミヒロさんの本
「賢人たちからの運命を変える質問」

この本が最近文庫化された

そこでってわけじゃないけど
2015年に沖縄で開催された
「賢人たちからの運命を変える質問」
出版講演会の話から
これは子育てにも取り入れたいなぁって
僕が思ったことを書きます。

ミヒロさんは誰の絵が好き?

ミヒロさんはシャガールの絵が好きだと言ってた。

で、いつから好きになったのかを思い返してみたら
中学校1年生の時のある出来事を思い出したそうです。

その出来事とは
担任の先生が家庭訪問に来た時の事。

家庭訪問の時に
話をしていた部屋に
シャガールの作品集があって
それを見つけた先生が

「シャガールとかよく見るんですか?」

とお母さんに質問したそうです。

その時のお母さんの答えたが

何が良いのかという判断はできないかも知れません。
   でも、とりあえず良いと思うものを
本物をどんどん見せようと思ってるんです。

この言葉が、ずっと頭に残っている

当時ミヒロさんは、
絵がどうとか美術品がどうっていうのは
全くわからなからないし、
いちいちこれが良いなぁとか、
これは良くないなぁとかっていうのはわかないけども、

良いものを見るというのはとても良いことだ

という事をお母さんから学んだと言ってました。

そして中学生以降は、
あまり詳しくないものでも
一流のものに触れるとか、
良いものに出会う
そんなことを意識していると言ってました。

良いものって本物に触れるという事なんじゃないかね

ここでの良いものって
僕は本物に触れるってことだと思うのね。

本物に触れるって何かというと

  • 海に足を入れて波の動きを感じる
  • 雪に触って冷たさを感じる
  • CDで音楽を聞くだけじゃなく、ライブに行って生音を聞く
  • テレビで動物番組を見るだけでなく、本物の動物と触れ合う
  • スーパーで野菜を見るだけでなく、実際に家庭菜園などで野菜を作ってみる

要は、体験するってことなんだよね。

本物に触れる
本物を見る

そんな機会を
子どもだけじゃなく
親自身も体験していきたいと思います。

本に載ってるシャガールの名言と質問をご紹介

【名言】

自分自身を完全に打ち込ませなければならない。
仮に99パーセントしかのめり込めないのであれば、
情熱が足りないか、才能が足りないかのいずれかだ。

【質問】

情熱と才能のどちらが足りないだろう?

今回ご紹介した本

本の中の質問に答えてみると
あの賢人の考え方や在り方に
あなたも近づけるかもよ

素敵な装丁の単行本版

持ち運びに便利な文庫本版

♦Information♦︎
【子育て万博2018】
2018年5月13日 沖縄を飛びだして愛知で子育てについて話します

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥YouTubeチャンネル【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥ポッドキャスト【新保善也のマンガで子育て論】
♥無料ニュースレター【よしべーのお気楽ライフ】
♥無料メール講座【子育て中のあなたへ贈るプレゼント】
♥FBページ【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥海水温熱【海水温熱のホームページはこちら】
♥FBページ【海水温熱士見習い 新保善也】

コメントを残す