今回の帰省で
一番最初にやったのが
家族でディズニーランドへ行くこと

で、次男にとっては
初めてのインパークってこともあり
赤ちゃんも一緒に楽しめるアトラクション
ってなると制限が結構ある。

だから
今回の目的を

  • 家族でパークを楽しむ
  • ミッキーと写真を撮る
  • 家族写真を撮る
  • カヌーに乗る
  • 赤ちゃん連れでも乗れるアトラクションで楽しむ

に絞ってたの。

カヌーに乗るは
僕がカヌーキャストだったこともあって
赤ちゃん連れでは乗れないけど
毎回入れてる

で、カヌーには
長男と二人で乗ってきた

 

カヌーに乗ると
キャスト時代を思い出す

あんなこと
こんなこと
色々あったなぁ

今思うと
ディズニーキャストとして

「アレはまずいでしょ」

って思うこともやってたよなぁ

ちょっと反省…

まぁ、今となっては
それも含めて良い思い出だね

僕の思いと息子の思い

今回の目的は
とにかく家族で楽しむ

だから

  • 絶対パレードを見たいとか
  • 城前でショーを見たいとか

そんなのは全く考えてなかった

パレード中とかは
「今なら食べ物屋さん空いてんじゃない」
って感じでいたので
歩きながらちょこっと見れれば良いって感じだった

でもね
息子は違った

ご飯食べてる時に
ちょうどパレードが始まって
パレードルートをダンサーさんたちが
踊りながらやってきた。

そしたら
やっぱり見たくなったみたいで
パレード見える方に行っちゃった

で、長男一人だけ行かせるわけにも行かないし
うちの奥さんは次男にご飯あげてるし
僕が行くしかない状況だった

昔の血が騒ぐ

で、いざパレードが目の前にやってくると
あんなにパレードは絶対見たいわけじゃない
って思ってたくせに
しっかりカメラ構えて
「ここからじゃ、あまり良く撮れないな」
なんて思いながら
カメラの位置気にしてる自分がいたの

そのことに気づいた時

「ハッ。昔の俺って、こんなだったなぁ」

って思ったの。

そん時に撮った写真の一部

目的が違うだけで楽しさが倍になる

昔付き合ってた人とインパークした時って
いかにアトラクションにいっぱい乗るかとか
いかにうまく写真やビデオを撮るかとか
そんなことばかり考えてたの

今思うとこの時の目的って
好きな人と一緒にディズニーランドに行ってるのに
その人と楽しむことよりも
アトラクションいっぱい乗るとか
自分が納得する撮影したい
ってことを目的にしてたんだよね

それがさ
家族と一緒に楽しみたい
ってのが僕の目的になってるんだよね

これって
すごい変化だと思うの

年齢的なこととか
昔と今で自分の生活環境の変化ってのも
あるかも知れないけど
目的が変わると
楽しみ方が違うんだよね

「これがしたい」
って目的さえ達成できたら
いっぱいアトラクションに乗れなくても良いし
パレードとかショーが見れなくても別に良い

今の僕にとっての
「これがしたい」が
家族と楽しみたいだからこそ
こう思えるんだと思うのね。

昔の僕の
「これがしたい」は
「アトラクションいっぱい乗る」
だったわけだけど
その頃のことを思い出してみると
「あれ乗れなかった」とか
「え、こんなに待つの…」
って気持ちになって
楽しむどころじゃなかったなぁ

そう考えると
楽しかったかどうかって
その時の目的の達成度で変わってくるだね

きっと

子育てが楽しいとか
仕事が楽しいとか
毎日が楽しいとか

こんなのも
目的の達成度によって
変わってくるのかもなぁ

僕って
基本的にゆる〜く考えてるから
楽しめてるのかも知れない

この辺が
「よしべーのお気楽ライフ」
には含まれてるんだろうなぁ

♦Information♦︎
【子育て万博2018】
2018年5月13日 沖縄を飛びだして愛知で子育てについて話します

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥YouTubeチャンネル【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥ポッドキャスト【新保善也のマンガで子育て論】
♥無料ニュースレター【よしべーのお気楽ライフ】
♥無料メール講座【子育て中のあなたへ贈るプレゼント】
♥FBページ【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥海水温熱【海水温熱のホームページはこちら】
♥FBページ【海水温熱士見習い 新保善也】