世の中のお母さん達へ

これは乳児と幼児を育てている一人の父親が
妻の手術中に感じていた
自分の気持ちを綴ったものである。

全ての旦那がこうだとは言わないが
旦那ははこんな風に思っているのか
旦那はこんな事を考えているのか
そんな事を知るきっかけのひとつになってもらえたら嬉しい

どんな言葉で送り出せばよいのだろう

 

「オペ前になんて言えばよいのだろう?」

ずっとそんな事を考えていた

  • 頑張って
  • 気をつけて

違うなぁ

「いってらしゃい」

これだ☆

そんなふうに思った

「いってきます」

手術室へ移動

「旦那さんは入り口まではご一緒できます」
ってことで入り口まで行くことになった

その距離
病室から34歩

短い
こんなもんなのか

それでは、ここでって
心の準備もなにもあったもんじゃない

入口前で妻から一言

「いってきます」

なんか先に言われてしまった感じだ
まるで僕が
「いってらっしゃい」
と言うことがわかっていたのか
そんな風に思ってしまった

誰もいない病室で一人きり

 

まるでどこかのリゾートホテルのような病室

オペ中は病室で待機

この部屋で
手術が終わるまでの間
一人待機することになっている

何かするわけでもなく
お昼時だから病室で一人ご飯

こんな時でも
お腹は空くのだ

「お腹へったな」

この気持ちだけが
オペが始まる前から今までで感じた自分の気持ちだ

待機中何をするでもなく、ただ待つ

こんなに落ち着いているのは何故だろう?

焦り
心配
怖れ

そんな感情は不思議と全く無い

オペが終わった時にどうなっていたら最高?

子育て講座では
僕がいつも一番最初にするしつもん
「終わった時に、どうなっていたら最高ですか?」

今回このことを考えたことなんてなかった
この質問を自分に投げかけることすらしてなかった

「彼女の笑顔を思い浮かべながらオペの終わりを待っててね」

そんなメッセージを貰った

彼女の笑顔を思い浮かべながら…

そのことも正直一度も考えてなかった

何も考えず
ただ時間が過ぎるのを待つ
そんな感じだった

子ども達には
何も考えてない感じの無表情なんて見せられんな
そんな事を考えていた

終わりましたの報告

「無事に終わりました」
と担当医から言われ、説明を聞く

良かったーとか
ふーって感じの
一安心って感情もなく

あ、はい。

って感じの
まさに無関心とはこんな感じではないか
そんなふうに思うリアクションだった自分

そんな自分がちょっと笑えた

あれ、いま笑ったのか俺

そう気付いた瞬間

あ、俺って実は不安だったんだ

って初めて気づいた

そう思ったらまた笑えた

その瞬間
時々雨が降っていた曇り空から
太陽の光が窓の外から入り込む

まるで自分の気持ちのようで
これもまた笑えた

なんて声を掛けたら良いだろう

最初にかける言葉はなんだろう?

オペが終わり戻ってきた妻に
なんと声を掛けたら良いのやら

おかえりなのか
おはようなのか

なんて言えばよいのかどーでも良いことなのかもしれないが
真剣に考えてしまうのがこの夫である

で、結局なにも言えず120分経過する

その間、検温にやってきた看護師さんは
話しかけたり身体の向きをかえたりしてるのに
旦那は相変わらずなにを話せばよいのかわからず
目をつぶって休んでる妻を足元の方から見守っているだけ

まったく、この旦那ときたら…

あ、自分のことですけどね

声を掛けないのも優しさ

声を掛けずに見守ることは
この旦那からしたら優しさでもあるのだ

何も語らず側にいる

目の前に大切な人がいる

それだけで旦那としては嬉しいのだ

ちなみに、最初に交わした言葉は

「今何時?」

という彼女の問いかけに対する

「4時半位」

という答えだった

生命の選択を

手術前にこんな質問をした

「もし、オペ中に僕が選択しなければいけないことが起きたら、何を優先して考えれば良い?」

彼女はこう答えた

「生命の選択を」

ちなみに僕が考えていた答えは
僕が出した選択に自分自身が後悔しない選択
妻になりきっての選択をする

考えてる方向がぜんぜん違う

こうして自分の答えを文字化してみると
なんとも軽い答えなんだと思ってしまった

倖い、その選択をすることはなかった

今日がホワイトデーだと気付く

途中で気付いたことだが
今日はホワイトデー

バレンタインデーのお返し
全く考えてないことに気付く

そんなことを考える余裕もなかったんだな

どんなお返しをしよう

ちょっと考えてみようかな

あ、考えるのはそれだけでなくて
これからの子育てのこと
妻との関わり方
家族のあり方
僕自身、どうしていきたいのか、どうありたいのか
そんなことを考えていこう

♦Information♦︎
【子育て万博2018】
2018年5月13日 沖縄を飛びだして愛知で子育てについて話します

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥YouTubeチャンネル【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥ポッドキャスト【新保善也のマンガで子育て論】
♥無料ニュースレター【よしべーのお気楽ライフ】
♥無料メール講座【子育て中のあなたへ贈るプレゼント】
♥FBページ【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥海水温熱【海水温熱のホームページはこちら】
♥FBページ【海水温熱士見習い 新保善也】