おれは、バドミントンがしたかった

毎週水曜日の午前中
うちの奥さんを含むのママ友たちが集まり
体育館でバドミントンをやっている。

いつもはお母さんたちだけだけど
夏休みってことで
子どもたちも一緒にやることになってた。

で、最近あった
町PTA連合会親睦スポーツ大会に参加した時
自分の体力のなさにガックリ来たので
少しでも体力をつけようと
僕も参加することにした。

予想外の展開

が、しかし
実際に体育館に行ってみると
一組の親子しかいない

いつもいるボス的な人もいない

えっと、
今日やるって言ってましたよねー

待つこと20分

もう一組の親子が登場

そこからさらに30分。

誰も来ない。

体育館にネットはある
ラケットも個人で持ってきている

準備は万端だ

しかし
シャトルがない。

だれも持っていない。

持っているのは
ボス的な人

ただ、肝心なその人が来ない

他の人も含めて
LINEで連絡するも
来ない

来ない

来ない

何のためにきたのよ!!

子どもたちは子どもたちで
追いかけっこして楽しんでる

お母さんたちはお母さんたちで
おしゃべりして楽しんでる

で、ひとり残された俺

まったく楽しくない

どこにも混ざれず
うちの次男を抱いて
端っこに座ってる

ホント時間の無駄

そうとしか思えなかった

現状を受け入れ
楽しんでいる人もいれば
その逆の人もいる

捉え方を変えれば
楽しめたのかもしれない

でもね

俺、バドミントンしにきたの

目的は体力作りのために
バドミントンしにきたの

やる気満々でこの場所に来たの

でもね、1プレーもできないで終わったの

簡単にやる気を奪う方法とやる気を出させる方法

ここで気づいた

やる気を奪う方法

やらせない

やる気を出させる方法

やりたいことをやらせる

以上

単純だ

これさえ知っていれば
一瞬でやる気を出させることも
一瞬でやる気を奪うこともできてしまう。

この方法は
子どもだろうが大人だろうが関係ない

誰にでも効果的な気がする

だって

大人の僕がそうだったから

途中、シャトルは届いたが
結局僕の番は回ってこず
時間が来たので終了

こんな事なら
家で他のことしてれば良かった

終わってから

うちの奥さんに

「水筒の水、飲まないの?」

って言われたけど

「喉が渇くほど、何もやってないので」

と答えてしまった。

僕がプレーできなかったのは
彼女のせいではないんだけどね。

まぁ、僕が次男を見ていたからこそ
うちの奥さんも安心して
バドミントンができたのなら
それで良しとしよう

って思いたいんだけど

心の底から
100%そう思えない自分がいる
ってのも事実。

バドミントン
やりたかったなぁ…

ってか
俺、本当は運動したいんだなぁ。

夏休みのラジオ体操
子どもらに交じって
続けてみよっかな

♦Information♦︎
【子育て万博2018】
2018年5月13日 沖縄を飛びだして愛知で子育てについて話します

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥YouTubeチャンネル【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥ポッドキャスト【新保善也のマンガで子育て論】
♥無料ニュースレター【よしべーのお気楽ライフ】
♥無料メール講座【子育て中のあなたへ贈るプレゼント】
♥FBページ【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥海水温熱【海水温熱のホームページはこちら】
♥FBページ【海水温熱士見習い 新保善也】