帰省してから気づいたこと

帰省すると
思うことがある。

何かっていうと
自分の歩くスピードが変わったこと。

歩く速さが変わったのというより
歩いてる時の視点が変わったのかもしれない

気づいたのは4年前

東京駅を歩いていた時のこと

京葉線のホームから
山手線のホームに向かっていた時

なんかね
今までと見てる世界が違ったの

この時は

「あれ、背伸びたのかな?」

って思うくらい
視点の高さが違ってた。

この時に気づいたの

「歩いてる時に見ている場所が違う」って

千葉に住んでる時は
いかに人の間を縫って早く移動するか
ってことばかり考えてたから
足元の方ばかりに目が向いてた

街中を歩くときもそうだったし
電車の乗り換えとかも
乗り換え時間が短い時は
ダッシュするのが当たり前

沖縄に移住してから変わったこと

帰省するようになってからは
わざわざ混んでる電車には乗らず
1本後の電車に乗るなんてことをするようになってた。

子連れで移動するからってのもあるかも知れないけど
子連れでなくてもそうする機会が増えた

それだけじゃない

混んでる街中を歩くときも
足元を見て歩かなくなってた

全体を見渡すというのか
高い視点から見て
歩くようになってた。

面白いのが
急いでる時でも
高い視点で見ながら
早足で歩くようになってるの。

もう、足元を見て
歩くことがなくなってる

今思うと、千葉に住んでる頃は
下を向いて歩いてることが多かった気がするけど
沖縄に住んでからは
上を向いて歩いてることが多くなった

この気づきは
沖縄で生活してたら気づかなかったと思うの。

千葉に帰った時に
東京駅構内を歩いたからこその気づき

ただなんとなく生活してたんじゃ気づかない
ちょっとした自分の変化

気づくか気づかないかの違いだけど
これはとても大きいって思う

ひょっとしたら

都会で生活してる人が
田舎暮らしに憧れるとか
田舎暮らしの人が
都会に憧れるってことは
自分の中のちょっとした変化に
気づき違ってるのかも知れないなぁ
って思う帰省初日。

さぁ、明日は元職場の
ディズニーランドで楽しむぞい

♦Information♦︎
【子育て万博2018】
2018年5月13日 沖縄を飛びだして愛知で子育てについて話します

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥YouTubeチャンネル【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥ポッドキャスト【新保善也のマンガで子育て論】
♥無料ニュースレター【よしべーのお気楽ライフ】
♥無料メール講座【子育て中のあなたへ贈るプレゼント】
♥FBページ【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥海水温熱【海水温熱のホームページはこちら】
♥FBページ【海水温熱士見習い 新保善也】