豊見城市子育て支援センターぐっぴーで子育て講座を開催します

 

初めての子育てで何をどうして良いのかわからない人が

「これで大丈夫なんだぁ」

って安心できるようになるそんな講座です

前回は参加募集開始後
すぐに定員になってしまったそうで
講座後、すぐに今回の開催が決まりました。

お申し込みは直接
豊見城市子育て支援センターぐっぴーまで

講座詳細

開催日 4月21日(金)
時 間 10:00~12:00
定 員 15名
※子育て支援センターで行うので、お子様連れでも安心してご参加いただけます

前回参加した方の感想

  • 友達以外の方とお話ができた。WhyをHowに変えたいと思う。
    いろんな言葉でこども達を誉めてあげたい。
  • 今、できていることに目を向けることの大切さ、ホメられることの嬉しさに気づいた。
    もっと自分にエネルギーを使いたいと思った。
    人に質問すれば、仲良くなれるし自分にとっても楽しい時間になる。
  • 私たち大人でも未来質問などすることで、未来が明るくなったりやる気が出たりしたので、
    子どもにも上手に活用して、考えを上手く引き出す。
    想像力もかきたてられて、子どもも輝きに満ち溢れる気がしました。
  • 言われて嬉しい言葉は人によって違う。なんで?ではなく次につなげる質問を。
    自分から大事にする。
  • ちょっとした事の物事への考え方の方向がわかりました。
    もう少し気楽に、気も張りすぎずに子育てしていきたいと思いました。
  • 言葉の力を学びました。
    言われて嬉しい言葉を日常生活からくみ取り、使っていきたいと思います。
    質問の仕方で返事の内容も変わることが分かりました。
  • ほめられたり、嬉しい言葉をかけてもらうだけで、自分自身を必要としてくれて、
    認めてくれていると思い、幸せな気持ちになれると思った。
  • 子どもの行動や言動に結び付けて、どんな質問をしたら良いか考える事が出来たと思う。
    言葉の力はすごいと感じた。自分も言われて嬉し言葉を子どもにかけられるようにしたい。
  • いつも「なんで?」「どうして?」と子どもに言っていたけど、
    その言葉よりも「どうすればいい?」「どうしたい?」という言葉に変えていこうと思った。
    姉妹それぞれに言われて嬉しい言葉を見つけよう!
    言われてれし言葉を言われると認めてもらえるし自分に自信がつく。
  • 子どもを叱る時に、「なんで~したの!?」と言っていたので
    「どうしたら~できるかな?」と質問形式に変えていこうと思います
    子どものため、家族のため、と自分のことは後回しにしていたので、
    自分のことをもっと大切にすることが、ひいては家族の幸せにつながっていくことが
    わかりました。
  • 言葉の力を再確認しました。ほめ言葉のシャワーは一人一人欲しい言葉が違うこと、
    質問の仕方で答えが変わる、意識も変わることが分かりました。
  • 最近いたずらする我が子に「もー!なんでやるの?」と正に言い訳しか返ってこない言い方
    しかしていませんでした。言い方をちょっと変えるだけで、
    子どもも自分も変わるんだと思いました。
  • いつも‘子どものため’と思っていたけど、自分が幸せに暮らしていくことが、
    子どものため、家族のためになることが分かった。
    子どもが何かした時に、すぐダメ!とか答えをつきつけてしまうけど、
    「How 改善策」のように相手にとっても自分にとってもプラスになる声掛けを試せば、
    もっといい方向に行けるんだと思った。
  • 自分自身がどれだけ今幸せか気づけた。
    子どもの立場になった質問、そしてほめ方を考えていきたいと思いました。
♦Information♦︎
【子育て万博2018】
2018年5月13日 沖縄を飛びだして愛知で子育てについて話します

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥YouTubeチャンネル【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥ポッドキャスト【新保善也のマンガで子育て論】
♥無料ニュースレター【よしべーのお気楽ライフ】
♥無料メール講座【子育て中のあなたへ贈るプレゼント】
♥FBページ【しつもん子育てコンサルタント 新保善也】
♥海水温熱【海水温熱のホームページはこちら】
♥FBページ【海水温熱士見習い 新保善也】