海水温熱サロン海と風
という名の温熱小屋に来るために
通らないと行けない場所がある

ただ
ここは防犯砂利が敷いてあって
そんなに手入れをしていない場所でもある

そこで僕は
ここをお店に繋がる通路として
整備したくなったのだ

ちょっと相談

プレハブを建ててくれる業者さんに
防犯砂利の撤去もお願いできるか相談してみた

そしたら
産業廃棄物になるので
設置工事代の他に
2万5千円の費用が掛かります
と言われた。

正直、僕はそれを払ってでも良いと思った

なぜなら、撤去に係る時間と労力を考えたら
それを払っても良いかなぁって思った

しかし
担当の方はこう教えてくれた

お住いのエリアの役場に聞いてみたら
費用を抑えられる方法があるかもしれないので
お問い合わせしてみるのも良いと思います

なるほど
じゃあそうしてみようってことで
早速役場のHPを見てみたら
産業廃棄物の処理業者についての情報があった

すぐに電話して
防犯砂利の処理をお願いできるか確認してみたら
自分で持ち込めばオッケーという事がわかった

しかも
処理に係る費用は

1kg=1円

と言われた

自分でやらない理由が見当たらなかった

業者にお願いすると2万5千円で処理してくれる
自分でやると1kg=1円で処理できる

これを知ったら
自分でやったほうが早いしお得だ

そう思ったら
自分でやらない理由が見当たらばくなっから
自分で防犯砂利の撤去作業を始めた

この作業が
全く辛いと感じなくて
ほとんど肉体疲労を感じないで
撤去作業をすることが出来た

ちなみに
かかった費用は
200円と消費税

2万5千円かかると言われた費用が
ほとんどかからずに撤去できたのだ

浮いたお金で整備

そんな浮いたお金で
せっかくだから
お店に続く通路は
自分の手で作ってみようって思って
ホームセンターへ行き
芝生と石を買ってきて
通路を整備してみた

なぜ芝生を敷きたいのかと言えば
今回建てる予定のプレハブは
もともと庭の芝生の部分を撤去して建てるので
別の場所に芝生が敷きたかったのです

裸足で芝の上歩くのが好きなんで
プレハブを建てることによって
それができなくなっちゃうのが
嫌だったのでね

芝生の敷き方なんて
正直よくわかんない。
お店にあったやり方を見た程度

この作業も楽しくて仕方ない

そんな僕の姿を見てかなんかわからんけど
息子たちも手伝ってくれて通路も完成

ワクワクしかない

この通路を作ってる時も
疲れとかほとんど感じなくて
ワクワクしか感じてなかった

だって
この通路を通りながら
温熱を受けに来る人がやってくる
それを想像しただけで
楽しくて仕方なかったの

僕の2番弟子も

「早くお客さん通らないかなぁ」

って楽しみにしてるし

うちの師匠は

仕事は楽しまんと

ってよく言うんだけど
今回のこの作業を通して
師匠が言ってたことの意味を
僕は理解した感じだ

楽しいとかワクワクした気持ちだから
この地味な作業が楽しくて仕方ない

この気持ちは
海水温熱の研修の時に
練習相手になってくれた人たちに
僕がその人に施術をしてる時にも味わった
やってて楽しいって気持ちと一緒だ

もうね
この通路を通るだけで
お客さんが喜んでくれるんじゃないか
ってくらいな気持ちです

たぶんね
こんなワクワクのエネルギーで作った通路だから
きっと心地よい場所になる気がするの

そのうちこの通路に
名前を付けようかと思ったりもしている

「〇〇通り」とか
「〇〇ロード」とか
「〇〇への道」とか

この名前を募集するってもの
面白いかもしれないなぁ

そんなわけで
僕だけでなくて
息子たちも楽しみにしてくれてる
プロジェクト海水温熱サロン海と風は
まだ続く

♦Information♦︎
【LINE@】
出勤情報や出張情報をお届けします
【LINEスタンプ】
海水温熱のLINEスタンプ作りました

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【海水温熱士 新保善也】