塩の天日干し終了

海水温熱の塩を使っての
梅干し作りを準備をしております。

前回のブログにも書きましたが

海水温熱士的、初めての梅干しの作り方 其の壱

梅1kgに対して200gの粗塩が必要と言う
うちの奥さんがもらってきたレシピに沿って
今回は海水温熱士的梅干しを仕込もうとしております。

これまた前回も書きましたが
海水温熱の副産物である
沖縄の海水を使ってできた塩には
にがりが含まれているので
びちゃびちゃなんですね。

これを
沖縄の太陽と風の力をお借りして
天日干しすること3日間。

2日目には
ほとんど水分は飛んでいて

3日目には
島とうがらしの破邪の力にあやかろうと
島とうがらしの近くで天日干し。

これで塩の準備は整いました。

ちょっと問題が…

実際にどのくらいあるのか
容器に入れてみることにしました。

天日干しする前は
25ogくらいあったんですが
天日干しして水分を飛ばしたら
117gになっていた

にがりを含んでいるので
天日干ししたら水分が飛んで
少しは量が減るだろうと予想してたんですが
まさか約半分になるとは

これでは少し足らない

ここで閃く

うちにある梅干しのレシピによると
1kgの梅干しを作るのに必要な塩は200g

実際に出来上がったのは
117g分の塩

であるならば
梅を500gずつの2つに分けて
ひとつは500gの梅に100gの塩を使って仕込み
もうひとつは500gの梅に100ccのにがりを使って仕込む

塩で仕込んだ梅と
にがりで仕込んだ梅の
2種類の梅干しを作ってみよう
そう思ったわけです。

塩仕込みとにがり仕込みで
味が変わるのかの実験してみたいと思います。

とにかく
あとは梅が届くのを待つだけです。

次回につづく

■温熱士からのしつもん
予想外の展開に、どんな対応をしますか?
♦Information♦︎
♦お店情報はこちら【海水温熱サロン海と風】
♦海水温熱の本を出版しました【電子書籍】
♦海水温熱サロン海と風のご予約はこちら【LINE】
♦Twitter始めました【温熱士 新保善也】
♦海水温熱のLINEスタンプ作りました【LINEスタンプ】

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【新保善也】