最近よく聞かれる事

今でこそ
「あっ、温熱の人だ」
と言われるようになった僕だが
温熱士になるまでの僕は
魔法の質問のコンテンツをベースに
子育ての講座をやっていた。

そんな僕に

「なんで温熱する人になったの?」

という質問をされる機会が
最近増えてきた。

そりゃそうだよね。
今まで子育て講座やってた人が
温熱の人になっちゃったんだから。

だから
なぜ僕が海水温熱を習い
温熱士になったのか
その始まりの物語を
お話しします。

全ては
2018年1月9日のことでした

忘れもしないあの日

今からちょうど1年前の今日
2018年1月9日のことだった

この日に何があったかと言うと
沖縄在住の魔法の質問認定講師&マスターで
新年会をやっていた

この新年会には
たまたま沖縄にやってきた
マツダミヒロさんと
奥さんのわかめちゃんも同席していた

終わり15分前のできごと

そろそろ会もお開きというところで
メンバーの一人がこう話し始めた

私、ミヒロさんに教えてもらった海水温熱に通ってるんです。
あれ、すっごく良いですね

それを聞いて
僕もその話題に乗っかった

「僕も、今体調良くないから毎週通ってるんです」

それを聞いたミヒロさんは

「毎週!?」

と言って驚き
身を乗り出して僕にこう話してきた

「あのさ、うちの会社でも温熱やりたいと思ってるから習ってきてくれない?」

と言ってきたのだ。

正直
意味が分からなかった。

さらに
わかめちゃんから

「ちょっと、手を出してみて」

と言われ
これまた僕は意味も分からず
わかめちゃんと握手をすると

「この手は、良い手をしてる」

そんなことを言われた

このやり取りを見ていた
認定講師&マスター仲間は

「やってやって。練習相手になるから」

なんて言いながら
盛り上がっている

2日後に確認してみる

さっきも書いたが
このころの僕は
体調があまり良くなかった

なぜなら
心理学を学ぶために
毎週福岡に日帰りで通っていたので
その疲れがたまっていた。

そのこともあり
海水温熱の予約を週一で入れていた

その予約日が2日後だったこともあり

「2日後に温熱受けに行くんで、その時にどんな感じか聞いてきます」

そう返事をして
この日はミヒロさんたちと別れた

そして
この2日後から僕の運命が動き出した

■次回
Road to 海水温熱士 エピソード2 まさかの一言
♦Information♦︎
♦お店情報はこちら【海水温熱サロン海と風】
♦海水温熱の本を出版しました【電子書籍】
♦海水温熱サロン海と風のご予約はこちら【LINE】
♦海水温熱のLINEスタンプ作りました【LINEスタンプ】

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【海水温熱士 新保善也】