スタッフの一人として

今回の温熱キャラバンは
今までのものとは違う

何が違うかというと
山形県のかみのやま温泉にある名月荘で行われる
魔法の質問認定マスターの講座の中で行ってきた

初体験だらけ

名月荘の場所をお借りして
スタッフのみんなに
講座の最中や
講座が終わってから
海水温熱の施術をしていた

言ってみれば
おはようからおやすみまで
朝から晩まで温熱の施術をしていた

もちろん
途中で休憩したり
昼寝したり
温泉に入ったりと
自分の体調管理もしながら

温泉温熱にもチャレンジ

施術をする場所の目の前に
貸し切り風呂の温泉があるので


自分のメンテナンスも兼ねて
温泉を使った温熱もやってみた

温泉を汲んで


自分で自分の身体にタオルを置いて施術

誰もいない部屋の中で
自分の

「あっつ」

という声だけが響いていた

やってみて思ったことは
自分で自分に温熱することもできるんだな
ってことと
温泉の源泉が使えたらもっと効果があるかもな
ってことだ

平成から令和への瞬間も温熱

朝から晩まで温熱の施術をしていたので
平成の世から
令和の世に変わる瞬間も
僕は熱いタオルを
人の身体の上に乗せていた

スタッフと仲間の違い

温熱を受け終わった後に
マツダミヒロさんはじめ
スタッフのみんなが
喜んでくれたのが本当に嬉しかった

講座の参加者とは
ほとんど関わる時間はなかったけど
スタッフと関わる時間が多かった

終わってからこんなことを考えた

今回僕は
温熱士というスタッフとして参加していた。

だから
僕の気持ちもスタッフの一人
という気持ちが強かった

でも
僕に求められていたのは
スタッフとしての関わりでなく
仲間として関わって欲しかったのではないか
そんな風に思うようになった

スタッフと仲間って
似ているようで
全然違う気がする

何がどう違うか
今の僕には答えが出てないけど
この問いは今後も自分に問うていく
しつもんのひとつとして
持っていようと思いまうす

■温熱士からのしつもん
スタッフと仲間の違いは何ですか?
♦Information♦︎
【海水温熱サロン海と風】
お店情報はこちら
【LINE】
海水温熱サロン海と風のご予約はこちら
【LINEスタンプ】
海水温熱のLINEスタンプ作りました

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【海水温熱士 新保善也】