離婚しろと言われる

海水温熱の社長が沖縄にやってきて
師匠と沖縄にいる温熱士仲間と一緒に
ご飯を食べることになった

その席でなぜか
僕に離婚しろという流れになった

あんたは縛られてるから
離婚して解放された方が良い
離婚したとしても
奥さんとの繋がりが切れるわけではない
別れても奥さんが生活できるように
しっかりと支えることが大事だ

そんな事を言われ続けた

そんなもんだから
まわりは僕が

離婚する気だ

というムード一色になり
今回の飲み会は終了した

確かにそうかも知れない

海水温熱の施術でもそうだが
身体に熱が入ると
温まることによって
身体が緩み
今までの身体の縛りが解放されて
楽になる

離婚するという事は
縛りが解放されるという意味では
同じことかも知れない
そう思った

奥さんと話す

2次会という名の
お姉さんがいるお店に行くかどうかを聞かれたが
正直、離婚しろだの言われたので
奥さんとこの件について話したかったので
僕は帰ることにした

家に帰ってから
今日の飲み会で出た話を
うちの奥さんに伝えた

結婚10年目を迎えるにあたり
今までパートナーシップについて
しっかりと向き合ったことがなかったので
正直、どう思っているのか聞いてみたのだ

するとだ
この10年を振り返ってみると
離婚したいと思ったことはない
いてくれると助かる
という事を話してくれた

いてくれると助かるのは良いけど
そこに好きという気持ちがあるのか
僕はわからない

良いきっかけ

この話が出たことで
お互いに我慢してることとか
遠慮してるとかがあって
それを伝え合ってないよね
ってことを確認来た

いま見直すのは
親子関係ではなく
僕たち夫婦の関係な気がする

温熱の仕事をしていくにしても
夫婦関係にしても
お互いにパートナーシップについて
しっかり向き合う時期なんじゃないか
僕はそう思った

■温熱士からのしつもん
より良いパートナーシップを築くために、夫婦で話す時間を取ってますか?
♦Information♦︎
【海水温熱サロン海と風】
お店情報はこちら
【LINE@】
海水温熱サロン海と風のご予約はこちら
【LINEスタンプ】
海水温熱のLINEスタンプ作りました

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【海水温熱士 新保善也】