朝の一言

師匠から、こんなことを言われた

「今日、うちの兄貴来るから誰かやったら良いよ」

今現在
沖縄にある海水温熱総本店では
僕の他に一緒に研修を受けている方が
2名いる

その中で
今回は僕が師匠のお兄さんを相手に
練習させてもらえることになった

お兄さん登場

兄弟子(というか女性の温熱士だけど)さんからは

「お兄さん、熱の入り良いからすぐ入るよ」

ってアドバイスをうけた

そんなわけで
練習開始である

よく考えたら
男性相手に行うのは
これが初めてだ

なにせ
一緒に研修を受けている方は
二人とも女性だから
女性相手に練習することはあっても
男性は師匠と僕しかいないので
なかなかないチャンスでもある

あ、息子は除くよ

やってみて思ったこと

熱いタオルを身体に乗せるので
ほとんどの方が

「熱いっ!!!!」

って言うのだが

お兄さんの場合は
言葉では言わない

顔の表情だったり
身体の微妙な動きで
今感じている熱さを判断する必要があった

これが
なかなかわからない

なんせ
いつも見ている反応とは
全く違うからだ

ここで大切なのは
相手のことをしっかりと観察すること
って思った。

なぜなら
いま、どんな状態なのかは
観察しないとわからないからだ

お兄さんの感想

押し方が優しい。もっと強く押しても良い。

熱の入り方は良かった

終わってからこんな感想を頂いた
押し方に関しては
少し改善の余地ありってことか。

父ちゃんの修行は
まだ続く

♦Information♦︎
【LINE@】
出勤情報や出張情報をお届けします

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【海水温熱士 新保善也】