バーを経営している方が
いくつもの会社を成功させてきた方に
「どうやったら儲かりますか?」
と質問したそうです。

するとその方は
バーの経営者に
「君ね、なんでこのお店のグラスはこの形なんだ?」
と質問したそうです。

バーの経営者は真面目だったので
20数年間この言葉が頭から離れなかったそうです。

そしてある時
結論に至りました。

要するにグラス一個に至るまで
メッセージと想いがあるのか?
ということを
言いたかったのではないか?
と思ったそうです。

グラスひとつを適当に選ぶ人間に
良いお店が作れるはずがないと。

ロックが好きな人が作る
ロックが好きな人が集まるお店は
メニューも内装もグラスもロックです。

メッセージというのは
自分の想いというのは
美味しいものだけを作れば売れる
というものではなく
グラスひとつまで
髪の毛一つまで
情熱を持った時に
真の成功が手に入るの
ということです。

次はこれが流行るとか
流行に乗ろうとするのではなく
流行は作るものなんです。

流行に乗っている間はエキストラなんです。
私達は流行や流行りを作っていく。

それは流行ではなく本質なんです

本質を追求していけば
流行りなんて関係ありません
自分の信念が人を動かすのです

今の自分に置き換えた時
僕の場合で言うと
なぜタオルはその色を使っているの?
とか
なぜベッドはその色なの?
とか
なぜその絵を飾っているの?
とか
なぜサロンにその名前をつけたの?
とか
なぜその商品を取り扱っているの?
と言ったように
そこにしっかりとした
自分の想いや
お店のコンセプトや
自分が伝えたいメッセージが
込められているかが大事なんだと思います。

普段使っているものや
普段来ている服も
あなたなりの意図があって選び
使ったり着ていたりするはずです。

海水温熱の本にも書きましたが
「これでいい」と言う想いではなく
「これがいい」と言う想いで選んでいるはず。

その想いを大切にするだけでなく
一人でも多くの方に
そのメッセージを伝えていこう
そう思いました。

■温熱士からのしつもん
なぜ、それなんですか?
♦Information♦︎
♦お店情報はこちら【海水温熱サロン海と風】
♦海水温熱の本を出版しました【電子書籍】
♦海水温熱サロン海と風のご予約はこちら【LINE】
♦Twitter始めました【温熱士 新保善也】
♦海水温熱のLINEスタンプ作りました【LINEスタンプ】

♥新保善也(よしべー)【自己紹介】
♥無料ニュースレター【温熱キャラバン】
♥FBページ【新保善也】